ツボの起源とツボの見つけ方

ツボの起源
はるか昔、当然レントゲンやMRIもありませんでした。

それでも、昔の人は、からだの外側から、

からだの内部を診察したり治療する方法をあみだしました。それがツボ治療のはじまりです。


昔の人は、体が病気や不調になると、皮膚の表面に変化が現れることに気づきました。

症状によって、体の特有の部位に、押した痛みに敏感なポイントやふくらんでいたり、へこんでいるポイントが点在していたのです。


そのポイントに治療効果や大自然の形状になぞらえ名前をつけました。それがツボです。正式には「経穴」(けいけつ)といいます。


ツボはどんどん増え体系づけられていきました。

それが行われたのが、2000年前の中国です。


大切なツボは手や足に多いです。たとえば「合谷」「曲池」「足三里」「三陰交」。


ツボの見つけ方のポイント


効果のあるツボの見つけ方のポイントはズバリ!

押すと痛いところや痛気持ちいいところツボの本を参考にして、

最後は自分で押して確かめましょう。