お灸するときの注意

お灸をしてはいけない、からだの場所

お灸をしてはいけない、からだの場所

 

顔面部・・・・やけどするといけないので避けたほうが無難です。わたしは以前に

        まゆの内側に温灸をしたことがあるのですが、やけどはしなかったのですが

        赤い斑点がしばらく残り「麻呂」のようになっていました。

 

そのほか、眼球、陰部、妊婦の下腹部、急性炎症の患部などは、避けましょう。

こんな時、お灸はやめましょう

妊娠3か月までと、出産3か月前・・・・・ただし逆子の治療は出産直前まですることも

 

お酒を飲んで酔っ払っているとき

 

現状認識できないくらいの、精神状態のとき

 

伝染病の疑いがあるとき

 

高熱を発しているとき

 

原因不明、病名不明で重篤な状態になっているとき

 

脱水状態などで、からだの衰弱がはなはだしいとき

 

血圧が以上に高いとき(180以上)、血圧が以上に低いとき(上90以下)

または差が以上に少ないとき(140/120)

お灸をしてはいけない症状は?

法定伝染病、届け出伝染病、高熱疾患、重篤な心疾患、急性虫垂炎、悪性腫瘍

破傷風、血友病、壊血病など

お灸をする上での、注意と副作用

やはり、一番注意しなければならないのは、

 

やけど  でしょう。

 

やけどにも段階があります。

 

1度のやけど・・・・・あかく発赤するだけで、みずぶくれはできていない、あとも残らない

 

2度のやけど・・・・・あかくみずぶくれができる、みずぶくれは1~2週間でなおり、

             あとは残りにくい

 

3度のやけど・・・・・やけど直後は白くなり、その後化膿しやすい。あとも残りやすい

 

4度のやけど・・・・・黒く炭化する。あとに残る

 

台座灸や間接灸、棒球などの温灸では、ただしくおこなえば、みずぶくれ以上のヤケドはできません。

つまり2度以上のヤケドはできません。

 

しかし、汗をかいている状態、お風呂上りで皮膚がしめっている状態では、ふだん大丈夫でも

みずぶくれができることがあるので注意しましょう。

 

水ぶくれができてしまったときの対処法

 

水ぶくれをつぶしてしまうと、化膿しやすくなってしまったり、治るのに時間がかかるので

極力みずぶくれをつぶさないようにします。

 

上にバンドエイドなどを貼っておくとよいでしょう。

水ぶくれが大きい場合は、消毒したはりなどで、みずを抜いてから

バンドエイドなどを貼っておくとよいでしょう。

 

副作用としては、あまりないのですが

 

灸あたり  というのがあります。

 

これは灸をしたあと1,2日あとまでに、体がだるくなったり、ねむくなったり

ほてりがでたり、一時的に痛みが増したりといった症状が出ることがあります。

 

この反応のことを灸あたりといいます。

でも、経験的に治療をはじめた初期には多少の灸あたりが出た方が

あとから効果が出ることが多いです。

 

好転反応のようなものですね。

 

注:このホームページをみて、お灸をしたために、ヤケドや灸あたり、その他体調不良が

   発生したとしても、一切の責任を負いかねますので、ご注意ください。

   自分で手におえない症状の場合、すみやかに医療機関を受診されることをお勧めいたし

   ます。