顔のゆがみを解消すると、運勢までよくなる?

顔のゆがみをとる整顔術

 

どうして、顔はゆがむのでしょうか?

 

「ベルトの高さが左右で違うとか、いつの間にか、スカートが回ってしまう」これは、骨盤のゆがみですね。「ショルダーバッグをかけると、どちらかの肩からずり落ちてしまう。ウエストのカーブが左右で違う。」これは、背骨のゆがみです。このように、からだがゆがんでくると、当然、顔にも影響が出てきます。「頬のふくらみ方が左右で違う。目の大きさ、高さが左右で違う。口元が左右で高さが違う。」など、場所が場所だけに、骨盤や背骨のゆがみ以上に気になるものです。また、ゆがみ以上に、顔のたるみ、むくみ、小じわもチョー気になります。

 

では、どうして、顔はゆがむのでしょうか?

 

顔のゆがみの原因は、主に三つあります。

 

一つ目は、首や肩の問題があります。

まず、建物のことを思い浮かべてください。地盤がゆるんで、建物の土台、基礎部分が傾いてしまうと

その上の建物もゆがんでしまい。床が傾いたり、扉が閉まらなくなってしまったり、窓がガタついて、すきま風が入ってきてしまうという深刻なトラブルが発生します。

 

それと同じように、首肩は、顔のいわば、土台にあたります。

肩の高さが左右違ったり、くびを傾げているクセがあったりすると、顔もゆがんできてしまいます。もっと深刻なのは、くびにひねりがある場合です。

 

それはどうしてかというと、顔が傾いていたり、ひねりがあった場合でも、人間は立つ姿勢を保つために、目の高さを、平行にする必要があります。また正面を見る必要があります。

その状態が長く続くと、だんだん目の高さが違ったり、カレイやヒラメのように、左右に片寄りができてしまいます。

 

二つ目は、アゴの問題です。

顎が噛む力は、人体の中で一番強いといわれています。顎関節は頭蓋骨と連絡しているため、顎関節のゆがみが噛む力によって、頭蓋骨に伝達されて、頭蓋骨までゆがませてしまう可能性があります。これによって、「頬のふくらみ方が左右で違う。口元が左右で高さが違う。」などのゆがみを生じてしまうのです。

 

三つ目は、表情の問題です。

「眉間にシワをよせる」「眉を吊り上げる」「額に青筋を立てる」「鼻で笑う」「目を丸くする」「あんぐりと口を開く」「歯の根が合わない」「口元がゆるむ」「顔をくもらせる」などなど、喜怒哀楽を顔の表情で表す言葉は日本語にたくさんあります。つまり、私たちの表情と感情の間には切っても切れない関係があります。

 

これらの表情は、40以上ある顔面の筋肉が複雑で、さまざまな表情を作っています。それ自体は何の問題もないことなのですが、「イライラ」「オドオド」「シメシメ」「シクシク」といった、いつも感じている感情が顔に出ると、特定の表情筋に緊張が出て、顔のむくみ、たるみ、小じわができてしまうのです。

 

顔のゆがみ、痛みを生じる疾患

以上が顔のゆがみの主な原因ですが、それ以外に、顔面神経麻痺や三叉神経痛、顎関節症などの、病的なものもあります。これら疾患は、ある日突然、誰にでも起こる可能性のある疾患です。

 

顔面神経麻痺(ベル麻痺)

 

ある日突然、顔の筋肉を動かす神経に障害が起き、表情を作ることができなくなります。

マヒはふつう片側だけに起こります。(両側の場合は多発性神経症が疑われます。

マヒした側の筋肉がゆるんでしまい垂れ下がってしまうので、麻痺している側の表情筋が、麻痺していない側に引かれるために顔が片方に歪みます。

麻痺側の口をすぼめることができなくなり、飲み物が口からこぼれます。

目を閉じれなくなるので、洗顔の時に目がしみて、おかしいと気付きます。

顔面神経麻痺の中で、急性発症し原因が不明なものをベル麻痺と呼び、最も多いです。

寒冷刺激による循環不全やストレスが原因と考えられています。

 

三叉神経痛

 

三叉神経痛の特徴は、突然の顔面を激しい痛みです。

焼け火ばしで刺されたような、または電気が走るような激しい痛みで、

鼻から耳にかけての部分と、口からあごにかけての部分に現れます。

痛みは断続的に、数秒間から数分間続き、症状が数日から数ヶ月続きます。

原因は不明で、三叉神経が血管の圧迫を受けたとき、発症する説が有効です。

 

顎関節症

 

「口を開くときコキッと、あごが鳴る。口が大きく開かない。あごが痛む。」

これが顎関節症(がくかんせつしょう)の三大症状です。

そして、顎関節症が長期間続くと顎も顔もゆがんできます。

これは、左右どちらかに噛み癖があっても同じです。

口角の高さ、 目じりの高さ、 耳の高さに変化がでてきます。

痛いほうや、よく噛む方の 口角が上がり、目じりが下がってきます。

ゆがんだ状態で噛み続けると、ゆがみがひどくなります。



「顔のゆがみをとる整顔術」の施術の進め方

まず施術の進め方を説明します。

 

1.チェックシート(問診表)に記入して、問題点を把握します。

 

2.首肩の緊張を解消し、ゆがみを調整します。

 

3.アゴの筋肉、咀嚼筋をゆるめます。

 

4.顔面筋と頭の筋肉のコリをほぐし、スムーズに動きやすくします。

 

5.自宅でのセルフケアの指導

 

この順番に施術していくことにより、三つのゆがみの原因を解消し、無理なく顔のゆがみをとっていきます。

 

施術方法および施術時間 

基本的には「鍼灸治療」+「整体治療」で施術します。

しかし、鍼灸治療が怖い人には、整体のみの施術をいたします。鍼灸治療のハリはすべて使い捨ての極細のものを使用し、内出血を極力防ぎます。

時間は、基本45分ですが、高血圧や胃腸の調子の悪い人、腰痛、膝痛などの症状のある方は全身調整をしたほうがいいと思います。

 

その場合は、60~80分の施術時間にしたほうが、より効果が期待できます。

 

料金

45分:4300円        

60分:5200円    

80分:7000円      自宅でのセルフケアに必要な、温灸、皮内鍼は別料金となります。



顔のゆがみを解消すると、運勢までよくなる?

さあ、顔のゆがみを解消してハッピーになりましょう。

 

私たちの表情と感情の間には切っても切れない関係があることは、さきほど述べましたが、心理学の研究によると、感情が表情に出るがごとく、表情によって感情が生起することがわかってきました。

 

つまり、悲しそうな表情をしていると、本当に悲しくなってきたり、眉間にしわをよせているとイライラしてきたり、口をあけないで、お笑いをみるとおかしさが半減するなど、表情が感情を作る面もあることがわかってきました。顔面筋の緊張がとれると、自然に「ほほがゆるみ」「口元がほころぶ」のです。

 

また、人相学では、ホウレイ線の状態でその人の経済力や仕事運がわかるといいます。

人相学はなるほど占いの一種で、信憑性はないかもしれません。しかしこうもいえます。「人相学は過去から現在まで人の顔を観察して、膨大なデーターを積み上げてきた統計学だ。」

 

さあ、顔のゆがみを解消してハッピーになりましょう。

 

:予約、ご不明な点がありましたら、当院までメール、電話にて、ご連絡ください。お急ぎの場合、もしくはメールの返信が来ない場合は電話でお願いします。