背中の痛み

肩でわかる!背中の痛みに潜む病気をチェック

どちらかの肩の高さが目に見えて、上がっていたり、
下がっていれば、それは、背中の痛みに病気が隠れているといえます。

この検査は、私も患者さんによくします。肩の水平診断法です。
リラックスして、立ちます。後から肩の高さを診てもらいます。

左の肩が下がっている場合

胃から十二指腸にかけてのカーブがゆるやかになり、そのため
消化酵素の分泌が盛んになります。食欲は亢進し、胃腸に負担が
かかります。肥満や生活習慣病の原因になる。


右の肩が下がっている場合

今度は逆に、胃から十二指腸にかけてのカーブが急になるため、
胃腸の調子が悪くなり、食欲不振、免疫力が落ちて、風邪をひきやすく
なったり、胸部疾患の原因になったりします。

右側の背中の痛み

人間はどこかに痛みがあると、無意識に、その痛みを
避けようと、します。

当然ですよね。もしあなたが、右の歯が痛ければ、食べる時
右の歯を使わないように食べるでしょうし、つい右のほほを
手で押さえるようにするでしょう。

これらの動作はすべて痛みを少しでも避けようとする動作です。

同じように右の背中が痛いとき、無意識に右に背中は曲がって
痛みを和らげようとします。

そのため、胃から十二指腸にかけてのカーブがゆるやかになり、そのため
消化酵素の分泌が盛んになります。食欲は亢進し、胃腸に負担が
かかります。肥満や生活習慣病の原因になってしまいます。

また右の背中の痛みには、肝臓や胆のうの異常も隠れています。

左の背中の痛み

私たち、整体師、鍼灸師も患者さんから
肩が痛いだの背中が痛いだのよく聞きますが、

話を聞くより
「ここでしょ。」と言いながら、
肩甲骨の間を軽く押すと、患者はほぼ100パーセント
「痛て~、そ、そこです。」
と言います。

肩甲骨の間は、肩や首のコリがある人は、
かならず反応点(痛みに敏感なツボ)
出てきます。
だから、この辺を痛みが和らぐまで
ゆるめると、
あら、不思議、
肩こりも頚の痛みも、頭痛までスッキリしちゃったじゃないですか。
なんてことになります。こんなことばっかり言ってると、
仕事無くなっちゃうから、ホント言いたくないんだけど。

しかし、左側の背中が痛いとき、
これだけじゃ済まないこともあります。
左側の背中の痛みには、心臓や胃の疾患が隠れているときがあるからです。

心臓の機能に不調があるときは、頚の付け根の左側にコリがあることがあります。
また、左の脇のお肉が厚くなったりもして、大変です。
胃の不調の場合は、左の背中から腰まで筋肉がカチカチになったり、
それはまるで、亀の甲羅のようになったりします。