ランニング、ゴルフ、テニスの痛みにも

 

最初は、健康、ダイエットのために始めたスポーツ。

 

あなたは何を始めましたか?ランニング、ゴルフ、テニス、水泳、それともフットサル、登山などなど。

 

大人になって始めたスポーツは楽しい。たとえタイムが出なくても、上達しなくても楽しい。なぜかって!それは自発的にやっているからではないでしょうか?誰にやらされているわけでもない。自分で工夫する。または競技会などに参加した時に感じる久しく忘れていた緊張感。同じ趣味を持った仲間との出会い、などなど。

 

そのうちに、当初の目的であった健康やダイエットを通り過ぎさらなる高い目標へと向かっていくようになったという人もたくさんいるのではないでしょうか?

 

それがいわゆる“はまった”という状態だと思います。

 

かくいう私もその一人。私の場合はランニングにはまりました。きっかけはまたの時にしますが、2年前から走り始め、トレラン、フルマラソンをいくつか経験し、この春4月にウルトラマラソン100kを完走しました。はっきりいって、100k走るのはからだに悪いと思います。それでもまだまだ走りたい!

 

みなさんもそれぞれ“はまってる”スポーツをずっと続けていきたいと考えていると思います。そのために必要なものは何でしょうか?そのために必要不可欠なものが

“からだのケア”です。

 

私も走り始めてから、いろいろな故障にみまわれました。ふくらはぎの肉離れ、踵骨の痛み、坐骨神経痛、ランナー膝・・・そのつど“からだのケア”「鍼灸・整体・マッサージ」を駆使して克服してきました。

 

だからこそあなたの、痛くてもやりたい!という切なる気持ちも痛いほどわかります。

 

もし今、ケガや故障を抱えている方がいましたら、ぜひご連絡ください。少しでも力になりたいと思っています。